読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

菜の花畑の踏み荒らし!線路内に三脚設置!迷惑撮影行為で列車が緊急停止したという話:ビビット【2017/04/24】

↓こちらは、茨城県・栃木県を走る真岡鉄道のSLもおか号、毎週土日に1日1往復する観光列車です。

」「菜の花」「SL」が1度に撮影できるとあって観光客で大混雑しています。

しかし、絶景であるがゆえにあの手この手を使って撮影するカメラマンのマナーが問題になっています。

ある男性は菜の花畑の中に入り、通ったところの花は折れていました。

また別の男性が立てた三脚は菜の花に刺さりました。

さらに、また別の男性は、三脚を置く邪魔にならないように菜の花をビニールテープでグルグル巻きに束ねていました。

SLがやってくる時間が近づいてくるにつれて、空気が張り詰めてくる菜の花畑。

菜の花畑にゆっくりと近づくSL。

この絶景を空から撮影すると、ピンク色に染まった桜並木と、一面に染まった菜の花畑、その中をSLが白煙を上げゆっくりと走り抜けていきます。

SLが通り過ぎると、撮影が終わって菜の花をなぎ倒しながら、畑から出て行ていく撮影者たち。

再び踏みにじられ折れた菜の花々。

真岡鉄道ではSLだけでなく、地元住民の交通手段として列車も走っています。

その線路脇に置かれた三脚とカメラ。

そこへ鉄道職員が注意にきます。

職員「真岡鉄道の敷地内に無断で侵入することはお断りしています」

撮影者たちは、注意されると、今度は遮断器の横に設置しようとしましたが再度注意されました。

職員「道路にかかると今度は通行人の妨げになっちゃいますからね」

そんな中、現場に緊張がはしりました。

ただならぬ様子で警笛を鳴らし速度を落とす列車、緊急停止しました。

立ち入り禁止の場所にカメラの三脚や脚立が線路沿いに立てられていたため、運転手が降りてきて撤去をしていました。

あとから現れた持ち主がコッソリと持って帰っていきました。