何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

どこが違う?保育園と幼稚園:すくすく子育て【2017/06/24】

最近、某幼稚園や某保育園の運営が問題になり、ニュースで取り上げられたりもされていますが、

そもそも、保育園幼稚園の違いは何でしょうか?


時間の違い

保育園は、

家庭の状況に合わせて登園時間はバラバラ。7:30 〜 9:00 の間に登園するのが一般的。

子どもたちは登園後、みんなが来るまで自由に遊ぶ。

朝の会が終わると、主活動の時間。クラスごとに公園に行ったり、体操や工作など年齢に合わせた活動する。

幼稚園は、

幼稚園の送迎バスか保護者と登園する。時間は皆一斉に9時までに登園が一般的。

登園後10:00までは自由に遊ぶ。

幼稚園でも、朝の会が終わると主活動の時間。お絵かきや工作、自然体験活動などが行われる。

先生の違い

保育園は、

保育士になるには、保育士資格が必要。

1クラスに配置される保育士の人数子どもの年齢と人数に応じて、国によって決められている。

幼稚園は、

幼稚園教諭になるには、幼稚園教諭免許状が必要。

1クラスに1人、専任教諭(担任の先生)が配置される。


(ちなみに、認定こども園は、保育士と幼稚園教諭免許の資格をどちらも所持している必要があるそうです。

昼食、その後の違い

保育園は、

認可保育園には調理室があり、皆で同じ給食を食べる。

お昼の後は、保育時間が長いので子どもの年齢に合わせて昼寝の時間を設けている。(年長になるにつれて短くなったり無くなる所もある)

昼寝の後は、おやつの時間。その後は、お迎えが来るまで自由に遊ぶ。

幼稚園は、

お弁当を持ってくるのが一般的。

午後2時になったら帰り仕度を始める。

入園方法の違い

保育園は、

認可保育園に入園させたい場合、住んでいる自治体に入園を申し込む。その後、自治体は家庭の保育の必要状況を確認し順位づけし入園を許可し園を割り振る。

(いくつか希望の園を申し込める自治体もありますが)基本的にどこの保育園に行くかは自治体が決定する。

幼稚園は、

入りたい園に直接申し込む。

入園希望人数によって入れない場合もありますが、基本的には幼稚園は選べる。

教育の違いはある?

保育園と幼稚園の教育は同じにするというのは、1963年の文部省・厚生省に共同通達で決まっている。
3歳以上の教育目標、内容については全く変わらないということ。

共通の教育目標

遊びや生活を通した子どもの主体的な活動を重視。一言で言えば人間として生きていく力を育むということ。