何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

カステラの下についている紙は食べてもよいのか?という話

今日、お土産にカステラをいただきました。

福砂屋というお店で売っている小さいキューブ状の箱に入ったかわいらしい感じのカステラです。

【季節のキューブ】2017年夏カラーのご案内 | カステラな日々(新着情報)|福砂屋オフィシャルサイト

↓組み立て式のフォークもついてていい感じ。

これを食べようとして、食べる直前に気づきました!

カステラって底面に1枚の紙が付いてなかったっけ?」と。

やっぱり付いてました。↓こちらの写真のカステラの左側にあるような紙。

これっていつも剥がしてるけど、「食べてもいいのかな?」と疑問に思ったので、ネットで調べてみたら、「食べても死にはしないけど食べない方がいい」「食べてもそのまま出てくるよ」「食べたらお腹壊すよ」などということでした。キッチンペーパーのようなものみたいです。直で置くとベタベタしてしまうから付けているのでしょうか。

それから、箱の底をよーく見てみると、まさにそれにまつわる一文が書いてありました。

底の紙を除いて、お召し上がりください。」と。

これって、世の中の食べちゃいけないものの中で、一番誤飲しているものじゃないかって思う。次点には「ケーキの上に飾ってある紙」とかかな。

ちなみに、カステラは底にザラメっぽいのがついてておいしかったです。