何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

マーブルと呼ばれるガラス工芸がすごく綺麗だという話:よ〜いドン!【2017/07/07】

奈良の郡山にある 「glassstudio hand」 という工房で、大鎌さんという方が作るガラス工芸品がすごく綺麗です。

バーナーなどでガラスを溶かし、

模様を中に入れ込んで作っていきます。

様々な種類のガラスを高熱のバーナーで溶かし合わせ、

繊細で複雑な模様を生み出す「マーブル」と呼ばれるガラス工芸。

↓ガラスの球体の中に立体的な花の造形が入った作品もありました。お値段は5〜6万円。

中でも特に綺麗だったのが、「ガラスの積層」と呼ばれる作品。

出来上がってみなければ、どのような模様になるかわからず、ガラスを貼り合わせて作るので、間に空気が入るだけでダメになってしまうといいます。

ちなみに、お値段は50万円。

こんなにも綺麗なガラス工芸品に心奪われました。