何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

豊田真由子氏のポスターが剥がれ落ちているという話:ビビット【2017/07/10】

最近「このハゲー!」で話題の豊田真由子議員。

その地元選挙区、埼玉県新座市では新たな問題が起きているそうです。

それは「豊田議員のポスター問題」。

現在(2017/07/10)、自民党に離党届を提出中の豊田議員ですが、地元選挙区である新座市には至る所に自身のポスターが貼ってあります。

しかし、このポスターに地元住民たちは困惑しているといいます。

ある新座市の支援者は「豊田さんのポスターを剥がしたい」と思っているそうですが、

ポスターを剥がすには、豊田氏本人か事務所の確認を取らなくては外せない

ということで、対処に困っているそうです。

しかし、新座市を見回ってみると、意図的に剥がしたか、自然に剥がれたかはわかりませんが、あらゆるところでポスターが剥がれ落ちていました。

ある所では、ポスターが剥がれて道端に落ちていました。

ある所では、剥がれて横向きに倒されていました。

ある所では、電柱の裏に隠れていました。

もし、誰かが故意にポスターを剥がしたとなった場合は、

公職選挙法 第225条(選挙の自由妨害罪)によると、

文書図画を毀棄し、選挙の自由を妨害したとき、刑罰で、4年以下の懲役または禁錮・100万円以下の罰金

となります。

しかし、第三者による現行犯でないかぎり、罪に問われる可能性は低いそうです。