何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

美術館で自撮りをしようとしたら展示品をドミノ倒し!約2300万円の被害が出たという話:ひるおび【2017/07/18】

アメリカ・ロサンゼルスの美術館で悲劇が起こりました。

展示を見ていた2人の女性。1人目の女性は展示品を真正面から撮影しましたが、2人目の女性は展示してあった王冠を自分の頭の上にのっかているかのように自撮りをしようしました。

すると女性は、バランスを崩して背中で後ろの展示台を倒してしまいました。その倒れた展示台はさらに後ろの展示台を倒しの繰り返しで、結果、ドミノ倒しのようになってしまいました。

飾ってあった展示品のいくつかは壊れ修復不可能となり、破損金額は約20万ドル(約2252万円)となった。

そこは、香港を拠点に活動するアーティスト、サイモン・バーチ氏による、王冠作品の展示場だった。

バーチ氏はその後、声明を公開。スタッフによる監視が不十分だったことや、女性が非常に落ち込んでいることなどをつづった。

その上で、女性が学生だったこと、明らかに事故であったことをなどを考え、女性を訴えることはしないと述べた。

バーチ氏によると、

人々は部屋の中では、注意をするように警告されていましたが、なぜ台座は固定されていなかったのかと聞かれました。 その通りですね。この展示のアイデアは、繊細、露出されていて、壊れやすいものでなくてはならなかったのです。 展示されていたのは王冠です。王冠、つまり、力の象徴は、壊れやすいものなのです。

とのことでした。