何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

点が鍵になるドットキー「マイドット」がすごい!:WBSトレたま【2017/07/26】

NECで書いた点が鍵になる技術が開発されたそうです。

インクにラメが入っている特殊なペンを使って、いくつ点を書いても毎回違う模様になる。

↓丸く囲われた部分が白いラメ。その位置や形が指紋のように1つ1つ違う模様をしているので、模様の違いを認識して鍵として使用できる。

試しにリップクリームのキャップに点を描いて、

メンソレータムディープモイスト メントール 4.5g【医薬部外品】

メンソレータムディープモイスト メントール 4.5g【医薬部外品】

拡大カメラで読み込みます。

読み込んだデータに、仮に「201号室入場」とタグづけをします。

鍵のついたドアの前で、リップクリームのキャップの点を照合します。

すると、認証されて鍵が解錠されました。

使う必要がなくなれば爪ではがして捨てられるので、セキュリティー対策にもなります。

実はこの技術、鍵を開けるだけではなく、

↓このような基盤上のスペースのない所にも、メーカーなどの部品情報をタグづけすれば、バーコードのように使うこともできます。

ペンはラメ入りのものなら、市販の物でも使用できるということです。

例えば、描いた点が盗まれてしまっても、登録している情報を削除すれば、その点は鍵ではなくなりただの点となるので、セキュリティ上安全といえる。

1、2年以内の実用化を目指しているそうです。


(紙に描いた点だけだと紛失しやすいかもしれないので、保存方法が鍵になってくると思います。)