何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

音声入力にすると執筆が早くなるかもしれないという話

MacやiPhoneを使って、ブログを書いたり、音声を文字に起こしたりする時に、便利そうな話を聞きました。

iMac や Mac Bookなどの場合

システム環境設定を開いて、キーボードを選択します。

その後、音声入力のタブを選択し設定をオンにします。

ショートカットキーを設定します。

今回は「左のCommandキーを2回押す」を選択しましたが、カスタムすることもできます。

そして、メモ帳など文章を書けるアプリを開き、ショートカットキー(ここでは左のCommandキーを2回)を押すとマイクのアイコンが表示されるので、その間に音声入力すると文章が入力されます。

iPhone の場合

まず、メモ帳など文章を書けるアプリを開いてみます。

入力フォームにカーソルが移動すると、キーボードが出てくるので、音声マークをタップします。

すると、音声のVolume Meterが表示されるので、声を出して文字を入力していきます。


MacやiPhoneに、ボイスレコーダーなどで録音した音声を直接読み込ませようとすると、正確な文章として読み込まれないことが多いですが、ライターが口頭で復唱して音声を読み込ませるといいようです。

音声とキーボードをうまく使えばライティングのスピードアップに繋がりそうです。