何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

うちの Mac mini のハードディスクが逝ってしまったという話

うちの2012年製のMac mini のハードディスクがとうとう逝ってしまったようです。

最近、起動が遅かったり、使用中にパソコンが固まってしまったり調子が悪かったので、どこか調子が悪いのかなと思っていたら、

↓こちらのように、「S.M.A.R.T.エラー」というものが出てきました。

Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology 」の略のようです。

つまり、「ハードディスクがやばそうですよ」という警告。

修理に出したらウン万円も取られる。買い換えるとしたらMac調整済品でも安くて4万円以上かかる。

なので、思い切って自分でハードディスクを買って取り替えることにしました。

初めての作業だったので、↓こちらのサイトを参考にしました。

Mac mini は2つハードディスクを入れられる構造になっていて、上の段と下の段で入れ替えの難しさが全然違うようです。

自分の場合は、底に近い部分で簡単な方でした。

今回、HDD(hard disk drive)が壊れて、この際なので、SSD(solid state drive)を導入してみることにしました。

SSDの方が料金高めですが、かなり快適です。

利点は以下の通り、

・シークタイムがないためランダムアクセス性能に優れる
・物理的な稼動箇所がないため省電力、動作音がしないので静か
・物理的な稼動箇所がないためHDDよりはるかに振動・衝撃に強い
 
「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/ソリッドステートドライブ

熱の発生も少なめな気がします。