何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

小学生のプログラミング学習で使われている「VISCUIT」に触れてみる

小学生からプログラミングが必須化されることになりそうなので、どういうことをするのかを

文科省の関連サイトにある「学校教育 - プログラミング教育実践ガイド」を見てみました。

小学生、中学生、高校生で、どのような授業を行うかpdfでまとめられていました。

小学1年生の授業をみてみると、「VISCUIT」というアプリを使用していました。絵を描いてアニメーションさせるという内容でした。その方法がおもしろいです。

viscuit

viscuit

  • yasunori harada
  • 教育
  • 無料

どのようにプログラムするかは、↓以下に詳しく書いております。

子どもたちが小さいうちは、各言語によるコードを使ったプログラミングというよりは、ヴィジュアルのあるUIに触れるという感じみたいですね。