何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

遺骨を宅配便でお寺へ!?わずか3万円で永代供養する「送骨」:スーパーJチャンネル【2017/08/15】

あるお寺に宅配便で届けられた2つのダンボール。

伝票には堂々と「御骨」の文字が書かれている。

送骨」と呼ばれるこの方法では、宅配便で遺骨が届けられ、遺族が立ち会うことなく供養した後、永代供養墓に合葬される。

新宿区にある南春寺で行われている、この「送骨」という納骨の方法は、費用は送料別で3万円

この寺では「送骨」が年々増え、去年(2016年)には、年間200体を越えたという。

送骨の申し込みをインターネットでして、ダンボールと書類一式を代引き3万円で受け取り、

「埋葬許可証」「埋葬承諾書」などの必要書類を遺骨と一緒にダンボールに入れて寺へ発送するというこのシステム。

墓の維持、管理費は必要なく、送り主の手元には「永代供養の使用証書」が残るという。

この送骨を仲介したのは、NPO法人「終の棲家なき遺骨を救う会」。

送骨を利用する理由で最も多いのは、「高齢や遠方で遺骨を運べない」という高齢化によるもので、次に「経済的な理由で墓が持てない」というもの、3つ目には「少子化」などの理由もある。

このNPOでは、様々なニーズに対応するため、送骨の他に、別料金(交通費1万円)で遺骨を引き取りに行く「迎骨」も行っている。

このような行き場のない遺骨が増えているそうです。

関連記事