何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ポップコーンはどんなトウモロコシからでも作れると勘違いしていたという話:ZIP!【2017/08/30】

私たちが普段食べているトウモロコシは「甘味種」という種類。

一方でポップコーンにできるトウモロコシは「爆裂種」。

↓左側が甘味種、右側が爆裂種

この爆裂種が熱して弾ける瞬間、皮が外側にめくれあがります。

トウモロコシに含まれる水分が温められて水蒸気に変化、その際の体積は2000倍に膨張します。

しかし、爆裂種の皮はとても固いため、膨張をギュギュッと押さえ込みます。

すると、内部の圧力はどんどん高まり、皮が圧力に耐えきれなくなると爆発。

ポップして(弾けて)、ポップコーンになるのです。


(知らなかった!どんなトウモロコシからでも作れるものだと思ってた!)