何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

仮面ライダーグッズの引き継ぎが上手いと思ったという話

仮面ライダーといえば、アメトーークでも「ライダー芸人」というジャンルがあるほど、昔から世代を越えて愛され続けている番組です。

その各世代の子どもたちには、いつも大人気で、その年にテレビ放送されているライダーベルトのおもちゃなどは、いつも売れ行きがいいようです。

しかし、仮面ライダーといえば、約1年くらいで新番組と交代するのが通例になってきているようで、おもちゃのライダーベルトも1年毎に新しいものが販売されています。

そして、今日(2017年9月3日)からテレビ放送が始まったのは、「仮面ライダー ビルド」。その前に放送していたのは「仮面ライダー エグゼイド」。

どちらのベルトも追加パーツをアタッチメントするタイプで、

エグゼイドのベルトは、カード型のガシャットをファミコンのカセットのように?差し込み、

仮面ライダーエグゼイド 変身ベルト DXゲーマドライバー

仮面ライダーエグゼイド 変身ベルト DXゲーマドライバー

ビルドのベルトは、ヤクルト型?のフルボトルを差し込みます。

仮面ライダービルド 変身ベルト DXビルドドライバー

仮面ライダービルド 変身ベルト DXビルドドライバー

どちらのおもちゃベルトも、単体で約5000円、付属品付きで約8000円というような価格帯です。

さらに1年経つと、また次のベルトを購入するという感じになるのですが、次のライダーベルトへの引き継ぎが絶妙な方法でした。

ビルドのベルトの早期購入特典に、エグゼイドのベルト(1つ前のライダーベルト)用のビルドガシャットをプレゼントするというもの。

簡単に例えるなら、前のハードに新しいソフトが差し込めるというコラボ商品です。

これで、新しいベルトを購入させつつ、前のベルトもまだ使えるようにするという作戦です。

おもちゃの販売方法もさらに巧妙になってきたなと思わせるのでした。

「仮面ライダービルドガシャット」4つのポイントを紹介!仮面ライダーおもちゃウェブ│バンダイ公式サイト | 仮面ライダーおもちゃウェブ│バンダイ公式サイト