何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

日本人初の9秒台の裏に職人技があったという話:ひるおび【2017/09/11】

一昨日(2017年9月9日)に行われた全日本インカレ(日本学生陸上対校選手権)の 男子100m決勝で、桐生祥秀 選手が「9秒98」という日本人初の9秒台の記録を打ち立てました。

これは、1998年に伊東浩司 さんが出した10秒ジャストを19年ぶりに越えた記録です。

実は、この桐生選手の快挙の裏には、ある人の職人技もあったそうです。

男子100m決勝の直前、10分前に行われた女子100m決勝では、追い風2.3mが吹いて、参考記録となっていた。

この時、スターターを務めた福岡 渉さんがしていたことは・・・

・女子100m決勝のレース前、福岡さんは「風のリズム」を分析
・強風 → わずかにやむ → 再び強風 → 3秒間 風が弱まる
・福岡さんは3秒がチャンスと気付きイメージトレーニングを繰り返した
・男子100m決勝では「吹き流し」を見ながら、ちょうど「弱風3秒」の間に号砲を打った
・福岡さん「日本で最初に9秒台を出させることができた」と笑った

結果、男子100m決勝の追い風は1.8m で、公式記録となりました。

これぞ、職人技ではないでしょうか。