何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

「いいね」が1000件で2円!ネットで販売横行:ひるおび【2017/09/25】

SNSなどで表示される「いいね」が1000件2円で販売されることもあるそうです。


「いいね」などの数値は、投稿者の人気度や信頼度の指標として扱われることも多く、SNSの運営会社は規約で売買を禁止するなど対策に乗り出している。

海外では広告や宣伝だけでなく、「フェイクニュース(偽の情報)」の拡散による安価な世論操作の手段となっているケースがある。 ロシアの事例では、任意の内容で4千〜6千字の記事を国内のニュースサイトに掲載する費用は55万円から。中国では同様のサービスが9800円から。 また、仏大統領選では、5400以上の不審なアカウントが偽情報の拡散を行っていたという。

以前は、噂を流して拡散させるという活動は、効率が悪く金がかかることだったが、現在は安価で効率的にやりやすい状況が作られているといいます。

日本でも購入できるサイトが存在しており、サイトのトップページには、

「一般ユーザー様・企業様・芸能関係者様を中心に幅広いご支持を頂き、毎月600件以上ご購入頂いております」

とPRしているという。

中国のある工場では、1万台以上の携帯電話がぶら下がっていて、それを使って「いいね」をつけていく、巨大「クリックファーム」なるものも存在している。