何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

カフェオレとカフェラテの違い:ビビット【2017/10/05】

カフェラテ」と「カフェオレ」は何が違うのかを調査していました。

スターバックスのコーヒースペシャリストの方に聞いてみると、


どちらもミルク入りのコーヒーを意味する言葉です。

ラテ(Latte)は、イタリア語で「ミルク」。

オレ(au lait)は、フランス語で「牛乳入り

コーヒーにも違いがあり、

カフェオレは、ペーパードリップなどで、一般的なブラックコーヒーにミルクを加えたもの。

カフェラテは、高い圧力をかけて短時間で抽出した、濃厚なエスプレッソにミルクを加えたもの。

2つの味わいを比べると、

カフェオレの方が少しマイルドな印象があります。

それに対して、カフェラテはミルクの甘みの中にエスプレッソの風味やコクがしっかり感じられる。


ちなみに、

カプチーノは、カフェラテと同じように、エスプレッソとミルクで作るドリンクですが、ラテと比べるとキメの細かい泡の様なフォームミルクの分量が少し多くなっています。

マキアートは、イタリア語で「染みをつける」という意味。イタリアでは、エスプレッソに少量のミルクを加えたものをエスプレッソマキアートという風に呼びます。
スターバックスにあるキャラメルマキアートは、バニラ風味のミルクにエスプレッソで染みをつけ、その仕上げにキャラメルでトッピングを施したものです。