何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

名作文学がコーヒーの味で楽しめるという話:ゆうがたサテライト【2017/10/27】

東京秋葉原にある珈琲店。

店頭で販売しているのは、有名な文学作品のラベルをあしらったコーヒー豆です。

(「三四郎」「舞姫」「人間失格」「こころ」「吾輩は猫である」「若菜集」の6作品)

この「飲める文庫」、開発したのは「やなか珈琲」と、コーヒーとは縁が無さそうな電機メーカーの「NEC」。

独自のAI技術を使って、本の内容を分析し、コーヒーの味に変換しました。

例えば、太宰治の代表作「人間失格」のコーヒーを飲んでみると、

「すごく苦味が強くて、渋い感じがする。」

人間失格という作品は、人間の弱さを淡々と語る作品。

読んだ人たちが、「切ない」「悲しい」という感想を持つ。

AIがそれを「苦味」「余韻」という味に変換して、ブレンドコーヒーができる。

AIが本の感想文を元に、「苦味」「甘味」「余韻」「クリア感」「飲みごたえ」の5つの項目のグラフを作成。

それをレシピにしている。

NECによると、

コーヒーとAIをコラボさせることで、AI技術を身近に感じてもらいたい。 他にも、映画のレビューの感想文を何かの味にすることもできる。 全く新しい何かを生み出して、これまでにない体験を提供したい。

とのことです。