何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

出前一丁は香港のソウルフードだという話:日本人だけが知らないNIPPONのニュース【2017/11/01】

見た目は普通のラーメンという「チンチャイ」を使った食べ物。

これは香港の人ならみんなが知っているといいます。

実は「チンチャイ」とは、日本でいう即席麺の「出前一丁」のこと。

日本にある、香港レストランの「香港 贊記茶餐廳(チャンキチャチャンテン)」でも出されていました。

出前一丁は、日本で発売された翌年の1969年、香港でも発売が開始されました。

当時では珍しかった鍋で煮込むという作り方と、かわいいキャラクターがうけ、即席麺市場のシェア率はなんと約50%をほこります。

今では香港の国民食とも呼ばれているのだとか。

スーパーには日本にない味の種類もならんでいます。

贊記茶餐廳のお店では、このラーメンを一杯700円で売っています。

原価が100円くらいと考えると少し高く思えますが、卵の高級赤玉、ランチョンミート、鶏ガラスープとこだわっていて、オリジナルのものになっているということです。

関連商品