何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

【長野県】車のタイヤがパンクさせられる被害が続出しているという話:ひるおび【2017/11/15】

長野県の松本市と塩尻市で車がパンクさせられるという被害が続出しているそうです。

先月(2017年10月)の28日〜30日にかけて、4、50台の被害がありましたが、

今月(2017年11月)12日(夜)〜13日(朝)にかけても、半径2km以内で、70台以上の被害がありました。

この時期、冬タイヤに替えたばかりのところをパンクさせられたという人もいました。

今回の事件で共通しているのは、

・夜から早朝にかけての犯行
・住宅地の細い路地に面している駐車場
・千枚通しのようなものでタイヤの側面などに穴

ということ。

車の修理屋さんに話を聞くと、

もし、車のタイヤに小さな穴を開けた場合、4〜5時間ほどかけて空気が抜けていくので、夜中に穴を開けられた場合、翌朝気付くということが多い。

とのことでした。

車に乗るにしても、毎朝タイヤの空気圧をチェックして出かけるわけではないので、気付かないこともあるのだとか。

ちなみに、タイヤのパンクを見つける方法は、タイヤに空気を入れ直してから、水をかけて探すのだそうです。

↑こちらで、水に色が付いているのは、凍らないようにしている特殊な水を使っているからです。