何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

異種武闘大会!なぎなた女子 VS 剣道男子 の話:スッキリ!【2017/12/08】

なぎなたの選手と剣道の選手が対戦するユニークな大会が香川県の高校で行われました。


なぎなたと剣道の異種対決がおこなわれたのは、香川県立琴平高等学校。

女子のなぎなた部は、今年(2017年)インターハイで優勝。

一方、男子剣道部も全国大会の常連と、どちらも実力は全国トップレベル。

今年で10回目となるこの対決。

なぜ、異種対決が行われるようになったのでしょうか?

教頭先生によると、

「周りの方から『違う競技で対戦を』という声があがり、両方の部の成果をこういう機会を通して見てもらいたいという趣旨があり始まった」

とのこと。

競技の違いを考慮し、オリジナルルールを採用

1.「スネ」をポイントとして採用
2.剣道の「二刀流」を許可
3.ジャンプからの攻撃を採用

6対6の団体戦で、1試合3分、2本先取で勝利となる。

過去の試合では、剣道4勝、なぎなた5勝となっている。

2mを超すなぎなたの長さに対抗するため、剣道部は2刀流で勝負。

また別の試合では、剣道部が普段打たれることのないスネを狙ったなぎなたの攻撃!

さらに、それをジャンプでかわしながらの剣道部の攻撃。

剣道となぎなた、一歩も譲らぬ激戦。

試合は1勝1敗4引き分けと互角の勝負、ただ、奪った一本が多かったなぎなた部の勝利となりました。