何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

【Google Home】タイトル付きでお知らせしてくれるタイマー機能を作ってみた

Google Home では、タイマーやアラームを設定する時、それが何に関するものなのか「名称」を付けることもできますが、肝心の音が鳴るときにそれが「何の音」なのか教えてくれません。

なので、複数登録した時は、同じ音が何度も鳴って何がなにやらわけがわからなくなります。

そこで、時間になると「名称」を言って返してくれるようなタイマーを自分で作ってみました。

タイマーの流れ

結果的には↓こんな感じになりました。

自分「OK!Google!覚書、ラーメン、3分後に知らせて!
 
Google Home「ラーメンを3分後にお知らせします!
 
・・・3分後・・・
 
Google Home「お知らせします!ラーメンの時間になりました。繰り返します!ラーメンの時間になりました。

用意するもの

・Google スプレッド
・IFTTT(Google Assistant と Google スプレッドの連携に必要)
・node.js を起動するローカルパソコン(Google Home から音声を出すのに必要)
・ngrok (外からローカルパソコンを見るのに必要)

実現方法

・Google ホーム

↓「OK!Google!覚書、ラーメン、3分後に知らせて!

・Google アシスタント

Google Home「ラーメンを3分後にお知らせします!

↓ IFTTT

・Google スプレッド

・Google Apps スクリプト (タイマー監視)

1分間隔でタイマー監視して、登録した項目の予定時刻になったら、「node.js を起動しているローカルパソコン」に通知。

通知した項目はスプレッドシートから自動的に削除されます。

・node.js (google-home-notifier を使用してGoogle Home に音声出力させる)

Google スプレッドから通知を受け取った「ローカルパソコン」が、同じネットワーク内の「Google Home」を使って音を出します。

Google Home「お知らせします!ラーメンの時間になりました。繰り返します!ラーメンの時間になりました。

と、こんな感じになりました。

関連商品