何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

エアコンの設置には気をつけて!内部で異常発火することがあるという話:直撃LIVE グッディ!【2018/01/12】

あるエアコンのメーカーが点検・改修を呼びかけているそうです。

該当製品は全国で92万台にものぼるのだとか。

去年(2017年)7月、静岡県吉田町のあるご家庭で、エアコンを使用していたところ中から白い煙と火が出てきました。

その時は、あわてて水道水をかけて事なきを得ました。

この火災が起きたエアコンは、三菱重工のルームエアコン(1999年10月〜2007年製)。

静岡市消防局がこのエアコンを分解して3回にわたる調査をしたところ、使用すると発火する危険性があることがわかりました。

原因は、エアコンの内部の配線が結露して水が溜まりやすい位置にあり、腐食して発火してしまうというものです。

三菱重工によると、

エアコンの製品の問題ではなく、業者による設置の処理方法が原因と判明。ただ設計上の問題もあるので周知を徹底し再発を防ぎたい。

とのこと。

本来、エアコン設置時には、腐食しないように配線を束ねたり、湿気をもった空気が入り込まないための処理をしないといけないが、それがゆるかったりしたのではないかとのことです。