何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

石けんで洗うと絵が変わる絵本の話:WBSトレたま【2018/01/15】

石けんで洗うと絵が変わる絵本があるそうです。

薬用シャンプーのアンファーが作ったこの絵本。

動物の絵が描いてありますが、色は付ていません。

石けんを使いしっかりと絵本を洗っていきます。

すると、あるページでは、カエルの手の部分を洗うと、うっすらユニフォームを着たカエルが現れました。

サッカー選手になっているカエルの未来が描かれていました。

実はこの絵本、水で濡らすと下に印刷されている絵が出てくる仕組みです。

↓こちらのページでは、ウサギが出てきました。

でもなぜ、あえて石けんを使うのでしょうか?

アンファーさんによると、

この絵本はカンボジアの子どもたちに届ける絵本としてつくっています。
汚れた手を石けんで手洗いすることで未来が変わるという体験をしてもらい、手洗いが楽しくなることを目指しています。

とのこと。

カンボジアでは、まだまだ感染症で苦しむ子どもが多く、なかなか手洗いが習慣になっていないそうです。

アンファーは、石けんを1つ買うと、絵本と石けんがカンボジアの子どもたちに届くプロジェクトを今月(2018年1月)末から始めるということです。

カンボジアの田舎の方だと特に、水道が通っていなかったり、井戸の水を使ったりということで、マラリアや下痢、肺炎といった感染症がまだまだ多いので、そういった所で石けんを使って手を洗う習慣をつけたいということで始めたそうです。

出てきた絵は乾かせば消えて、再び洗えばまた出てくるので、何度でも遊べるということです。

残念ながら絵本は石けんの購入者の元には届かないそうです。


(絵本も販売して欲しい!)

関連記事