何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

食品の廃棄ロスを減らすNTTドコモのサービス「eco buy」:WBS【2018/01/19】

NTTドコモが食品の「廃棄ロス」対策で、新たな取り組みを始めました。

↓ こちらは、東京中央区にあるスーパー「mini ピアゴ」入船店。

店内の一角に集められたのは、賞味期限が残りわずかとなった食品です。

これらの商品の廃棄を防ぐため、NTTドコモは新たなサービス「eco buy」の実証実験を始めました。

サービスの利用方法は、

まず専用アプリで、対象商品を購入した際のレシートと賞味期限を撮影します。

この画像をアプリ上のNTTドコモのポイントセンターに送ると、商品の定価20%相当分のdポイントが受け取れます。

現在の対象商品は30品目、長いもので賞味期限10日前から対象になります。

これまで、こちらの店では、賞味期限が近づいた商品は、従業員が1つ1つ値引き作業を行ってきました。(最初は2割引き、次に半額にするなど段階的に)

しかし、単品管理しながら廃棄するので非常に煩雑になっているということです。

このサービスが浸透すれば、食品廃棄をなくすだけでなく、従業員の作業効率が大幅に上がるということです。

この店の廃棄品合計額は、1日1万円。グループ全店舗を合わせると年間で4億円にも上り金銭面でも削減の期待が大きいのです。