何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

小さすぎる!米一粒の握らない寿司の話:あさチャン!【2018/01/26】

東京浅草にある創業45年の「すし屋の野八」。

普通のお寿司屋さんです。

しかし、驚くことに、そこに出てきたのはなんと、とても小さいお寿司です。

タコやウニ、そしてガリまで、全て本物の食材で作られています。

すし屋のご主人によると、

一貫のお寿司でお米が280〜300粒くらいなので、300分の1くらい。

とのこと。

これは、ご主人が気分で提供する無料サービス寿司です。(提供できない場合もあります)

シャリはお米一粒。

ピンセットでネタを乗せる職人技です。

普通のお寿司と比べると、↓これくらい大きさが違います。

ご主人に、この一粒寿司を作るようになったキッカケを聞いてみると、

浅草の下町でカウンターとお客さんで会話するのが大好きで、お客さんに「どこまで小さくできる?」と聞かれて、「一番小さいんだったら一粒じゃない?」で、始めたらできた。

とのことでした。