何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

3つの偶然が重なる!?スーパー ブルー ブラッド ムーンの話:スッキリ!【2018/01/31】

今日(2018/01/31)の夜は、日本中で、かなり珍しい皆既月食が見られるかもしれません。

そもそも皆既月食とは、太陽・地球・月が一直線となり、月が地球の影に隠れる現象のこと。

この時、太陽の光が月を照らすことから、月は赤く見えます。

その赤い輝きから、ブラッド・ムーン(血の月)とも呼ばれているのです。

この明るさが月食の度に違っていて、地球の大気状態のバロメーターにもなっています。

大気が非常に澄んでいれば、明るいオレンジ色になります。

今回の皆既月食は非常に珍しくて「最初から最後まで日本のどこからでも見える」というのは極めて貴重だといいます。

今回の皆既月食が起きるのが、午後9時51分から午後11時8分までの1時間17分です。

これだけの長い時間全国規模で観測できるのは珍しいです。

ちなみに、2015年の時は、わずか12分間でした。

さらに今回の皆既月食は、3つの偶然が重なるスペシャルなものだといいます。

NASAの公式ホームページでも、

'Super Blue Blood Moon' Coming (スーパー ブルー ブラッド ムーンがやってくる)Jan.31」と書かれています。

スーパームーン
→地球と月の距離が近くなり、月が大きく見える現象。最も離れている時とくらべて3割り増しの大きさ。
 
ブルームーン
青い月という意味ではなく「珍しい月」という意味。1か月に2度満月になる珍しい現象。2018年1月だと、2日と31日。
 
ブラッドムーン
赤く血のように見える月のこと。

この3つが重なる極めて珍しい皆既月食ということです。

しかし、今日の夜の天気予報では、全国的に「曇り」なのだとか。

もしかしたら、雲の合間から見ることになるかもしれません。