何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

カレーの購入額でレトルトがルーを超えたという話:ひるおび【2018/02/02】

カレーの購入額でレトルトがルーを超えたそうです。

2017年度のカレーの購入額を見てみると、

ルーが 456億円、レトルトが 461億円 です。

長期保存できるレトルトカレーは、災害時の非常食として購入されることが多かった。

東日本大震災でも非常食として買われて、これをきっかけにレトルトカレーの進化を知った消費者も少なくないといいます。

昔に比べておいしくなっていることに気づき、日常食として購入する人も増えているそうです。

少子高齢化や女性の社会進出も需要拡大を後押ししています。

ルーを使った家庭の手作りカレーは、一度に食べきれない高齢世帯や単身世帯には向かない上、共働き世帯は調理に時間をかけることを敬遠するようになっています。

ルー派とレトルト派、それぞれの話を聞くと、

ルー派

・時間をかけて煮込みたい
・好きな具材を好きなだけ入れてオリジナリティーを出したい
・おいしくするために一晩寝かせる
・「我が家の味」を作りたい

レトルト派

・時間を節約したい
・そこまでこだわらない
・衛生面が気になる
・手軽にいろいろな味を試したい

などの意見がありました。