何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

GODIVAが「義理チョコをやめよう」と呼びかけているという話:モーニングショー【2018/02/05】

↓こちらは、2月1日の日本経済新聞に載った全面広告。

そこには、「日本は、義理チョコをやめよう」という大きな文字。

この記事が波紋を広げています。

これは、ベルギーの世界的チョコブランドの「GODIVA」が呼びかけたものですが、売り上げダウンにも繋がりそうなこのメッセージです。

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。
その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。

これに対して、SNS上では、

・神広告
・たとえ義理チョコでも男の子はうれしいんだ
・職場のみんなに渡すのは面倒だった

などという意見も。

チョコレートメーカーにとっては、一年で一番売り上げが伸びるこの時期に、なぜ「義理チョコ廃止」を呼びかけたのでしょうか?

ゴディバのある店舗の店長によると、

義理チョコをあげることが義務になっていて、「楽しくない」「やらなきゃいけない」っていう方がいて、そういった方々の思いをゴディバ的にはモヤモヤして見ていたので、「あげるって楽しい」っていうことに気づいていただければと。

とのこと。

バレンタインデーは、純粋に気持ちを伝える日で、社内の人間関係を気にする日ではないといいます。

この「義理チョコをやめよう」という記事に反論したのは、「ブラックサンダー」の販売会社。

とある広告が話題のようですね。よそはよそ、うちはうちみんなちがって、みんないい。ということで有楽製菓は引き続き「日頃の感謝を伝えるきっかけ」として義理チョコ文化を応援いたします。

とツイートしていました。

この会社では、義理チョコは日本が生み出した世界に誇る文化だとして、バレンタインのこの時期は、一目で義理とわかるパッケージも販売しています。

このように、賛否が分かれそうな今回の広告。

ゴディバは、なぜ日本経済新聞からこの広告を出したのでしょうか?

ゴディバジャパンの社長によると、

女性から「義理チョコやめたいです」とは言えないので、男性の企業のトップや管理職から「無理しないで」と言ってほしい。

ということでした。

関連商品