何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

日本人は不自然な英語を話している?という話:世界一受けたい授業【2018/03/31】

ネイティブに笑われないクールイングリッシュ ―日本人の9割はダサい英語を話している

この本の著者でもある、サマー・レイン さんが、日本人が話す不自然な英語を指摘していました。

もう一度言って

相手にもう一度言ってほしい時に、

Pardon ?」と聞くと古いそうです。日本語で言うと、昔の侍が「なんとおっしゃられたか?」という感じ。

Excuse me ?」を使うとよい。

調子は?

How are you ?(調子はどう?)

I'm fine, thank you. 」、これは間違って捉えられるそうです。

I'm fine 」は、(まぁまぁです)というそこまで元気じゃない印象を与える。

I'm good.」 が一般的。

あいづち

英語を喋っているアメリカ人に対して、日本人が相槌を打つと、話の流れを遮っていると思われる。

人を誘う時

アメリカ人は、どこかへ人を誘う時に「 Shall we 〜 」は使わない。

これを使うと、相手が行くことが決定していて、相手の都合を考えない自分勝手な印象を与える。

Do you want to go to 〜 」を使うのが一般的。

選択肢の提案をする時は、「 Shall we 〜 」。

さよなら

友達との別れ際、「 Goodbye 」は気をつけた方がよいです。

Goodbye」は、アメリカでは「もうお会いすることはない」という意味で、永遠の分かれを予感した時に使う。

See you. (スィーヤ)」や 「 See you later 」を使う。あと「 Bye. 」 だけなら大丈夫。

メールして

(携帯の)メール下さい」は、、「 mail 」とは言わないで、「Text me.」 と言う。

mail は「郵便物」 または「 郵便物を送る」という意味になる。

ヤバイ!

That's crazy. 」は、「最高!いい意味でヤバイ!」という意味で使われる。

自分のことを指す

日本では、「自分のこと」を表す時に、自分の顔の鼻の辺りを指差しますが、アメリカ人は「鼻くそがついてますよ」と、とらえるかもしれません。

アメリカでは、自分の胸に手をあてる。

わからない

日本では、「わからない」を表す時に、首をかしげたりしますが、アメリカ人は「肩こりがひどいのね?」と、とらえるかもしれません。

アメリカでは、肘をまげて両手を上にして、両肩をあげる。

いらない

日本では、「いらない」を表す時に、手を左右に振ったりしますが、アメリカ人は「臭い」と、とらえるかもしれません。

アメリカでは、手のひらを下にして、胸の前で水平に振る。(猫をなでるような感じ?)

お会計

日本では、レストランなどで「お会計」を表す時に、両手の人差し指でバッテンを作ったりしますが、アメリカ人は「こっち来ないで」と、とらえられるかもしれません。(指でバッテンは、日本人でももう古くてしないと思う)

アメリカでは、空中に手でサインをするような動作をする。

関連書籍