何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

雷様の太鼓 叩くには位置が厳しい説:水曜日のダウンタウン【2018/05/23】

雷様の太鼓 叩くには位置が厳しい説」を紹介していました。

雷様の太鼓は、見映え重視の背面に位置していて、まともに叩ける気がしません。

絵本に出てくる雷様を見てみると、太鼓を叩く明確な描写がなく雰囲気のみ。

アニメの日本昔話で雷様が登場するシーンを見てみると、背中から外して太鼓を叩いていたり、

さらに別の回の話では、見映えと叩きやすさの両面をクリアした「たすきがけ仕様」。

背負ったまま叩くパターンは存在しないのでしょうか?

岡山大学の音楽の先生によると、

雷様が持っているのは、「連なる太鼓」と書いて「連呼」という風な名前で呼ばれています。
連呼という楽器そのものは実在していないんです。
「連呼」を持っていれば雷様だという決まり事で、雰囲気ものなんです。
実際に打てなくても、全然構わないということになりますね。

とのことでした。