何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ほぼ確実に晴れる「特異日」の話:雨上がりの「Aさんの話」【2018/05/22】

昔からの言い伝えとデータを組み合わせた「晴れの確率が高い日」、「特異日」というものがあるそうです。

まだ天気予報も知ることが出来なかった時代。

大切な行事や結婚式の日を決めるため、各地域で「毎年、晴れている日」を「特異日」と呼ぶようになった。

例えば、大阪の 特異日は、

1月1日、3月6日、6月6日、8月3日、10月18日

とのこと。

なぜそうなるのかは、はっきりした定義もなく根拠もわかっていません。

特異日は、晴れの多い月、例えば12月などは敢えて除外しています。

しかし、過去の晴天率を見てみると、

このように、特異日は、晴天率が7割以上になっています。

天気予報が出ていない未来の予定を立てる時は、特異日を参考にするといいかもしれません。