何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

TV_ヘウレーカ

「誰だっけ?」はなぜ起こる?という話:ヘウレーカ!【2018/12/05】

以前会ったことがある人と対面した時に「この人誰だっけ?」と思い出せないことがあります。 なぜ、そんなことが起きるのでしょうか? 人の頭の中では、神経細胞(ニューロン)が情報を蓄えています。 この神経細胞同士がつながり、情報と情報が結びつくこと…

インフルエンザに何度もとりつかれるのはなぜ?という話:ヘウレーカ!【2018/11/07】

なぜ、人はインフルエンザに何度もかかってしまうのか?という話がありました。 インフルエンザ ウイルス ウイルスには遺伝子が8本あり、人の体内に侵入した後、外側にある殻が破れて、中の遺伝子だけが人の細胞の中に入っていく。 そして、自己複製してい…

日本人はどこから来たのか?DNAのルーツの話:ヘウレーカ!【2018/10/31】

DNAやゲノムを分析して人類の起源と拡散を研究している篠田謙一さん。 DNAで語る 日本人起源論 (岩波現代全書)posted with ヨメレバ篠田 謙一 岩波書店 2015-09-19 AmazonKindle楽天ブックス 彼が「日本人のルーツ」の話をしていました。 ミトコンドリアDNA …

キノコにはたくさんの性があるという話:ヘウレーカ!【2018/10/24】

キノコは進化の過程でいうと、植物というよりも、むしろ人間に近い「動かない動物」という存在らしいです。 キ ノ 人 コ 間 ├─┘ 花 │ └─┘ キノコには、たくさんの性があり、 性の違う胞子から伸びた菌糸は、土の中で出会うとお互いにくっつき合体します。 キ…

ローテーションプラスティという手術の話:ヘウレーカ!【2018/09/12】

「ローテーションプラスティ」という手術があることを知りました。 ガンなどで、太ももより下を切断した際、足元を180度反転し結合する外科手術です。 実際にこの手術を受けた女性は、手術直後は足の動かし方がわからなかったそうです。 しかし、リハビリ…

下にあるバナナの方が大きく見える!?ジャストロー錯視の話:ヘウレーカ!【2018/07/04】

同じ大きさのバナナを上下に置いてみると、手前の方が大きく見えるといいます。 これを逆にすると、今度は、また下の方のバナナが大きく見えます。 このようにバナナを縦に並べて、子供に「大きな方を取っていいよ」というと、 ほとんどの子が、大きく見える…

アリはどう行列を作るのか?という話:ヘウレーカ!【2018/06/06】

道端でよくアリの行列を見かけます。 この行列はいったいどうやって作られているのでしょうか? その正体は、「道しるべフェロモン」。 アリは巣を出ると、地面に道しるべフェロモンを残しながら、エサを探す。 運良くエサを見つけたアリは、自分が残した道…

超平面配置の話:ヘウレーカ!【2018/05/30】

数学者の吉永正彦 先生が、超平面配置の説明をしていました。 超平面配置とは? あるものを1次元低い空間などで区切る場合、どのようなパターンがあるかを研究する数学のテーマ。 これだけの説明だといったい何のことを言っているのかよくわかりません。 例…

寄生虫に操られたカタツムリがこわい!:ヘウレーカ!【2018/05/09】

(※気持ち悪いものが苦手な方は、この先を見ないでください!) 「スズメ」と「カタツムリ」を往復している「ロイコクロリディウム」という寄生虫がいます。 ロイコクロリディウムは、スズメのお腹の中でしか卵を産めないので、スズメの寄生虫として知られて…

働きアリが遺伝子を残す方法:ヘウレーカ!【2018/04/25】

日本列島に生息するアリの中で最大級のものが「クロオオアリ」。 巣の中を見てみると、一番大きな「女王アリ」(約17mm)がいました。 女王アリは産卵に特化したアリ。 ほぼ毎日産卵するため他の仕事は一切しない。 女王の身の回りの世話や、子育てなど…

金縛りの正体は「睡眠まひ」という話:ヘウレーカ!【2018/04/18】

東京大学の生命科学者、上田教授によると、 金縛りは、睡眠を深く理解していくと謎が解けていく。 とのこと。 頭の状態は、大きく分けて3種類ある。 起きている時の「覚醒」、深い眠りの「ノンレム睡眠」、浅い眠りの「レム睡眠」。 よく夢を見るのが「レム…