何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ぎょう虫検査 が無くなる!

↓学校検診で、平成27年度までで、「座高測定」「ぎょう虫検査」が無くなるそうです。

座高測定

昭和12年から、上半身と下半身のバランスを見るために始められました。 昔と比べると今の子供は足が伸びているそうです。
しかしながら、この測定は健康管理との関係がわからないということで廃止になりました。

測定があった時、背が小さいのに座高が高い人は、胴長と馬鹿にされて悲しい思いをしていたものです。 だからわざと猫背にして測定に望む人もいました。

ぎょう虫検査

ぎょう虫検査は、昭和33年から始まり29%の割合で発見されていましたが、平成25年度では0.2%の割合でしか発見されなくなったため、検査は廃止になりました。

昔は、外で花の蜜を吸ったり、木の実を食べている人が検査に引っ掛かっていた記憶があります。
今の子供はそんなことあまりしないんでしょうね。

新検査の導入

平成28年度から、学校の健康診断で関節や筋肉、骨などに異常がないかを調べる新たな検査を導入するするそうです。

最近の子供の運動不足が原因で起こる問題があるからだそうです。

・和式トイレを使えない子
・跳び箱で手をついただけで骨折する子が増えている

和式トイレを使えないって、今の子供はボットン便所とか知らないんでしょうねー。
 
跳び箱に手をついただけで骨折するっていうのは、安全な手のつき方を知らないからでしょうか、カルシウム不足とかではない気がします。

ぎょう虫セロハン2回法用 100枚入 / 0-1786-02

ぎょう虫セロハン2回法用 100枚入 / 0-1786-02