何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

滝に映る「流れる虹」の話:スッキリ!【2018/05/02】

滝の色が虹色に染まり、まるで虹が流れ出しているのように見える珍しい現象がありました。

↓こちらの映像は、サンフランシスコから車で4時間のところにある「ヨセミテ国立公園」で撮影されました。

普段は、フォトグラファーとして大自然を撮影している「グレッグ・ハーロウ」さん。

去年(2017年)10月、彼がこの「流れる虹」を偶然撮影しました。

虹は、アーチ状のものが一般的で、その仕組みは、太陽の光が空気中に含まれる非常に細かい水滴に反射して起きる現象。

では、なぜ今回は虹が流れるように見えたのでしょうか?

専門家の気象予報士によると、

滝に反射した虹です。滝の水しぶきが揺れている。スクリーンが揺れている感じです。映画館のスクリーンを揺らすと映像が揺れる、それと同じです。

とのこと。

今回は、薄い虹が発生していて、滝と重なった部分だけ色濃く見えていました。

「滝の水量」「空気の水分量」「撮影者と滝と太陽の位置関係」、この3つの条件が全て揃った非常に珍しい現象だといいます。