何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

飛び出るパラパラ漫画!?パラデル漫画の話:スッキリ!【2018/07/26】

一枚一枚絵を書いてパラパラとめくって、アニメーションさせるパラパラ漫画はよく知られていますが、

それをさらに超えた、↓こちらのような「パラデル漫画」というのが話題です。

絵の中のキャラクターが何か投げると、本物の将棋のコマが飛んできました。

2次元のキャラやアイテムなどが飛び出て、3次元と交錯する新たな形のパラパラ漫画、それがパラデル漫画です。

このパラデル漫画の作り方を、芸人の本多 修さんが紹介していました。

タブレットで、ストップモーションのアプリを使って、キャラクターの絵をコマ送りで絵を描きます。

そして、描いた絵を一枚一枚撮影します。ここまでは普通のパラパラ漫画と変わりません。

しかし、ここで1つ疑問が・・・。

パラデル漫画では、絵の中の「将棋のコマ」が飛び出しているように見えましたが、それはいったいどうしているのでしょうか?

↓このままでは、持っている指も映ってしまいますが・・・。

実は、これもアプリの機能によって、↓こちらのように、将棋のコマだけを浮かび上がらせていたのです。

絵が仕上がったら声を収録することもできます。