何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

急にスピードが上がる!?道路の話:雨上がりの「Aさんの話」【2018/07/31】

とある高速道路を走る車がありました。

↓こちらにある、運転席からの映像をよく見て下さい。

途中で急にスピードが上がったように感じませんでしたか?

でも、実は車のスピードは全く変わっていないのです。

なのに、なぜスピードが上がったように感じたのでしょうか?

実はこれ、壁の矢印による錯覚です。

トンネルの側面の壁に同じ間隔で描かれている矢印のような模様。

この模様は、カーブに近づくほど間隔が短く描かれているため、走行中に見ていると、スピードが上がったとドライバーが錯覚するようになっているのです。

その錯覚によって、ドライバーは自然と速度を落とし、安全にカーブを曲がることができるのです。