何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

夜の怖いできごと。自宅の鍵が突然ガチャガチャ鳴った!という話

今晩あった「怖いできこと」をありのまま話すぜ!

2019年1月7日、23時過ぎ、自分以外の家族は皆寝ている。

そんな中、家の玄関の扉の鍵が「ガチャガチャ」となる。

えっ!おかしい!

と、自分はとても驚いた!

なぜなら、家の住人は皆、家の中にいるからだ。

どうやら、「その音」は、他の誰かが外から鍵を回しているようだ。

そして、ふと、扉の内側から鍵の状態を見てみると、鍵が開きっぱなしになっている!

最初から鍵をかけ忘れていたかは、わからない状態。

それに気がついて、とりあえず、急いで鍵をかけた!

ガチャ!

その音を聞いてか、その誰かが遠ざかっていく足音を聞こえたので、今度は急いで扉を開けて辺りを見回した!

そこには、階段を駆け上がっていく黒い影!

このままでは見失う!と思い、

自分は靴も履かずに、靴下のまま急いで上の階へ。

上りきったところで、左右を見渡すと、左側の方で扉が閉まるのを確認!

「(ここに入ったに違いない!)」

インターホンを押してみる。

「ピンポーン!」

すると、サラリーマン風の男が出てきた。

どうやら、仕事帰りだったらしい。

相手は出てくるなり、

部屋を間違えました

の一言。

謝ったのかどうか、わからないくらいの小声。

どうやら、こっちが下の階の住人で、何を言いに来たのかは、すぐに理解しているようだった。

それに対してこちらは、「怖かったので」と一言。

突然のことで、何と注意していいかわからない。

自分「・・・」。

相手「・・・」。

ひとときの沈黙。

とりあえず、名前だけ頂戴して、自宅に戻った。

もしも、あの後追いかけて正体がわからなかったら、その後も不安な毎日が続いたんじゃないかって思う。

追記

今回の出来事の対策として、

扉の鍵穴の所に、シールを貼ることにしました。

titirobo.hatenablog.jp

これなら、小さい子供も自分の家がわかりますし、他の方も間違えにくいので、一石二鳥かと思います。