何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

お墓って全部同じ形なの?:サタデープラス【2019/08/10】

お盆の行事といえば、お墓参り。

お墓といえば、縦長のイメージがありますが、全部同じ形なのでしょうか?

実は、あの縦長のお墓は、江戸時代から続いています。

縦に名前を彫るため「和風型」と呼ばれています。

お墓の形は、この縦型が主流と思いきや、

ここ10年で、横型が増加。

2009年には、新たにお墓を建てる場合、縦型が約50%を占めていますが、

2019年には、なんと逆転。横型が約50%を占めています。

その理由は、地震や台風の影響で倒れてしまうことがあったから。

縦より横の方が強度が高いため、災害対策として横型の墓石が増えているのです。