3つの壺の中に入った紅白まんじゅう:2355【2020/01/10】

Pocket
LINEで送る

3つの壺に紅白まんじゅうが入っている。

壺に付いている札を見てみると、【赤・赤】【赤・白】【白・白】の組み合わせでまんじゅうが入っていた・・・

のですが、

まんじゅうを入れた人がイタズラをして、この札が付け替えられていました。

しかも、中身と札の内容は、絶対に合わないようにしてあるといいます。

つまり、

【赤・赤】の壺には【赤・赤】は入っていない。

【赤・白】の壺には【赤・白】は入っていない。

【白・白】の壺には【白・白】は入っていない。

ということ。

実は、この3つのうち、どれかの壺からまんじゅうを1つ取り出すだけで、すべての壺の中身がわかる。

それは、どの壺?

答えはこちら!

答えは、【赤・白】の壺。

もし、【赤・白】の壺から取り出したまんじゅうが「」だった場合、

そもそも、真ん中に入っている可能性があるのは、【赤・赤】or【白・白】。出てきたのは白だったので【白・白】が入っている。

次に、左の壺に入っている可能性があるのは、【赤・白】or【白・白】。しかし、既に【白・白】は出ているので、【赤・白】が入っている。

最後に、右の壺には残りの【赤・赤】が入っている。

ということになる。

一方、【赤・白】の壺から取り出したまんじゅうが「」だった場合、

真ん中の壺から出てきたのは、赤だったので【赤・赤】が入っている。

次に、右の壺に入っている可能性があるのは、【赤・白】or【赤・赤】。しかし、既に【赤・赤】は出ているので、【赤・白】が入っている。

最後に、左の壺には残りの【白・白】が入っている。

ということになる。

このように、論理的に考えると、少ない情報からでも全体を推測できることがある。

Pocket
LINEで送る