運動なし!食事制限なし!プロテインダイエットの話:初耳学【2021/02/28】

コロナ禍のステイホームで運動できない中、

プロテインを飲むだけで痩せられる!?とハマる人が続出。

さらに、美肌、髪、爪など、美容にもいいとあって、毎日飲んでいるプロテイン女子もいる。

2020年の売れたものランキングでは、プロテイン粉末が8位にランクイン。

プロテインを飲めば、一切運動せずともダイエットも可能だという。

今や、コンビニで手軽にプロテインフードが買える時代。

セブンイレブンでは、プロテイン、つまり、「たんぱく質が摂れるシリーズ」がバカ売れ。

ローソンでは、スナック菓子。

トップバリューからは、シリアルチョコが出ている。

ちなみに、するめなどの乾物は、たんぱく質の量がすごく高い。

では、1日で何gたんぱく質を摂取すればいいのか?

国がうたっている数値は、男性約60g、女性約50g。

セブンイレブンとローソンでは、プロテイン商品の開発に力を入れている。

プロテインを飲むベストタイミングは「」。

朝起きたときは、体の中の水分や栄養が枯渇した状態にあるので、朝飲むことで効率的な体づくりや代謝アップにつながる。

プロテイン飲料の2大メジャー商品といえば、ヨーグルトの上澄みにできる液体「ホエイ」を原料とした「ホエイプロテイン」と、大豆から作られる「ソイプロテイン」の2つ。

運動せずに痩せたい人にオススメなのは、「ソイプロテイン」。

ソイプロテインの吸収スピードは、ホエイの3〜4倍かかるといわれている。

吸収スピードは、ホエイ(1〜2時間)、ソイ(5〜6時間)。

そのため、ソイプロテインは腹持ちがいいので、ダイエットしてる人に向いている。

一方、筋肉を付けたい人にはホエイが適している。

プロテイン業界で注目されている食材に「コオロギ」がある。

こちらは、コオロギのフィナンシェ。

1つで、コオロギ10匹分、たんぱく質が4.1g入っている。

コオロギ粉末のたんぱく質は、100g当たり約60g。

牛や豚の3倍近くもあり、コオロギたんぱくとして入っている。

プロテインダイエットをする場合は、こまめに摂取するのがオススメ。