何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

物の気持ちになる?自分が変な感覚を持っていることに気づいた

最近、自分が変な感覚を持っていることに気づきました。

洗濯物を干す時

洗濯ばさみに、洗濯ものをはさむのですが、その時に浅くはさまれた場合、
普通の人は「落ちそうだからきっちりはさんでおくか」っとなるか、もしくはそのままほっておくと思います。

しかし、自分の場合は、せんたくばさみに服が浅くはさまっていているのを見て、人で例えるなら皮膚を浅くはさんでしまっているような感じがして、痛そうに思うのです。なので、服を深くはさみ直します。

タンスに洗濯物をしまう時

洗濯物をタンスにしまう時に、洗濯物がタンスの引き出しからはみ出てしまった場合、
普通の人は、しまうものがはみ出て見えてしまっているので、きっちりしまおうとするか、もしくはそのままほっておくと思います。

しかし、自分の場合は、例えば服がタンスの引き出しに挟まっているのを見て、痛そうなので、きっちり引き出しに入れてあげるという感覚になるのです。

結論

結果、やっていることは普通の人と同じなんだけど、考えていることが違うのだなっと気づきました。

色々なものに対して生きているような感覚を持ってしまっているのか、自分とそのものを置き換えてしまっているのか。

今回は、洗濯物を例に取り上げましたが、他のものでも同じように考えていることがあるんだと思います。

痛いんです

痛いんです

関連記事

www.nanigoto.net