何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

関根勤さんの「冠動脈狭窄」を治した心臓手術「ステント治療」とは?

先日、芸能人の関根さんが心臓の手術を受けたというニュースがありました。

番組の健康診断のロケで、「冠動脈狭窄」という異常が見つかったそうです。

www.huffingtonpost.jp

冠動脈狭窄とは?

心臓の筋肉に酸素や栄養を送る重要な血管、冠動脈。

その血管の壁に、コレステロールやカルシウムなどがたまり、血液の流れが悪くなる状態を「冠動脈狭窄」という。

男性の場合、60歳を過ぎると6人に1人の割合で、冠動脈狭窄になっている。

ステント治療

関根さんは心臓の手術を受けて、翌日には仕事復帰しました。 この驚異の回復を可能にした手術が「ステント治療」と呼ばれるものです。

ステント治療とは、 簡単に言うと血管の中から治療を行うこと。
狭くなっているもしくは詰まっているところに対して、ステントという金属の網を中に入れて、血管の中から詰まっている部分を広げるというのがステントです。

脚の付け根や手首などから細い管を血管に入れ、

詰まっている部分をバルーンで広げ、

ステント」と呼ばれる筒状の金網を使い、広げた冠動脈を固定するのです。

技術の進歩により再発のリスクが減った上、体への負担が少なく、手術後1日〜2日で退院できるため、

メスを体に入れる必要があるバイパス手術より主流になっている。

感想

関根さんといえば、タバコも吸わない、お酒も飲まないというくらい、健康的なイメージがあったので、心臓の手術を受けたと聞いて驚きました。

健康診断のロケで病気が見つかったということなので、不幸中の幸いだったのではないでしょうか。

普段、病気にかからず自分は健康だと思っている人も、年に1回くらいは健康診断を受けた方がいいですね。

それにしても医療の進歩はすごい。