何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

おいしい新茶を見分ける方法は?:世界でたったひとつのプレミアムテスト【2018/05/04】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おいしい新茶を見分ける方法は、ABCのどれでしょう?

A.ほこりが浮いている

B.ほぼ透明

C.茶柱が2本以上

答えはこちら

答えは、「A.ほこりが浮いている」

緑茶の表面に浮かんでいる「ほこり」は、

実は「毛茸(もうじ)」といって、水分を適度に保つ調整をしたり、強い日差しから新芽を守る非常に重要なもの。

毛茸が浮いているということは、良質な新芽をたくさん使っているなによりの証拠なのです。