何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

蛇口から落ちる水滴の音を消したい!という話:ソレダメ!【2018/10/03】

夜寝る時に、キッチンの蛇口から落ちて「ポタポタ」と聞こえてくる水滴の音。

どれだけ蛇口をギュッと閉めても、落ちて聞こえてくることがあります。

そこで、コップと「あるモノ」を使って、この音を消す方法が発見されました。

そのあるモノとは「洗剤」です。

水の入ったコップに、洗剤を入れて泡立てて、蛇口の下に置くと、水滴が落ちてきても音が鳴りません。

しかし、もし、ここでコップに水だけを入れていた場合、今度は「ポチャン」という音が聞こえてきてしまいます。

では、なぜ、洗剤を入れて泡立てると音が鳴らないのでしょうか?

そもそも、この「ポチャン」という音は、

これまでは、水面に水滴が落ちて当たる音だとされてきました。

しかし、実は・・・、

水滴が水面に落ちた瞬間、くぼみが生まれます。

そのくぼみが反動で戻ろうとするときに、水中に取り残される小さな泡。

くぼみからこの小さな泡が離れる瞬間、このくぼみの底が更に振動することで「ポチャン」という高い音が発生していたのです。

そこで、食器用洗剤を入れると、界面活性剤が水の表面張力を弱めます。

さらに、泡立てることで、ポチャンという音を消すことができるのです。