何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

アマゾンのジャングルでザトウクジラが見つかったという話:とくダネ!【2019/02/28】

場所はブラジル、アマゾンのジャングルで、ザトウクジラの死骸が見つかったそうです。

成長すると、体長約13m、体重30〜40tにもなるザトウクジラ、

今回、発見されたザトウクジラは、体長8mで、まだ子供のクジラと見られています。

ジャングルで発見されただけでも驚きですが、そこは満潮時の水際から15mも離れた場所だったのです。

さらに驚いたことに、2月のこの時期、ザトウクジラは、エサが豊富な南極周辺に生息しているはずですが、約8,000kmも北上したアマゾンにいたのです。

なぜ、南極周辺ではなく、アマゾンにいた?

・親とはぐれた可能性があります。クジラというのは、子供は生まれてから1年ほど親と一緒に行動するのですが、途中ではぐれて迷い込んでしまったのではないか?

・親から独り立ちしたばかりで迷い込んでしまったのではないか?

なぜ、水際から15mも離れた所にいた?

・自力で移動するのは不可能

・子供のザトウクジラとはいえ、10tあるので誰かが移動させるのは不可能

一番考えられるのは、高潮などで流された可能性が高い。

この時期(2,3月)のアマゾンは雨季で、通常は1m未満の水深ですが、雨季で高潮になると4mほどになり、陸地も水没してしまうこともあるので、それで流されてきた可能性がある。

クジラの周りには流木がたくさんあるので、その可能性は高い。

なぜ、仰向けになっている?

・死んでから打ち上げられた可能性が高い