何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

臭いが気になる生ごみは食パンの袋に入れるとよい!という話:ソレダメ!【2019/03/13】

臭いが気になる生ごみを捨てる場合、普通のポリ袋に入れるよりも、食パンの袋に入れるとよいそうです。

食パンの袋は、「ポリプロピレン」という素材でできています。

ポリ袋の素材である「ポリエチレン」よりも、この「ポリプロピレン」の方が気体を通しにくいため、臭いが漏れにくいのです。

実際に、ポリ袋と食パンの袋それぞれに、3日間放置した生ごみを入れて、縛った状態で周りの臭いを計測してみると、

通常の部屋の臭いの数値が270ppmとすると、

ポリ袋周りの臭いを計ると、512ppmを超える臭いが漏れていました。

一方、食パンの袋は、部屋の臭いとほとんど変わらない、284ppmでした。

(使用済のオムツは、食パンの袋に入れて捨てるとよいという話もあります)