シート1枚で30度も違ってくる!?遮熱グッズ「シャネボウ」の話:WBSトレたま【2019/05/15】

Pocket
LINEで送る

夏の炎天下の球場で、野球を応援する時など、

長時間、屋根のないところで座っていると、

帽子を被っていても、頭がとても暑くなることがあります。

そんな時に、遮熱グッズの「シャネボウ」を入れると、暑さを感じなくなるといいます。

その効果はというと、熱を98%反射。

普通の帽子(左)と、中にシャネボウを入れた帽子(右)の2つをヒーターの前に置きます。

それをサーモグラフィーのカメラで見てみると、

2分30秒ほどで、普通の帽子の中は60度を超え、一方シャネボウを入れた帽子は温度が30度からほとんど上がらず、その差30度くらいの違いがありました。

Pocket
LINEで送る

新レインボー小学国語辞典 改訂第6版 ワイド版(オールカラー) (小学生向辞典・事典)しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) 0~2歳児向け 絵本おすしのずかん (コドモエのえほん)なぜ僕らは働くのか-君が幸せになるために考えてほしい大切なこと関西夏Walker2020 ウォーカームックsyunkonカフェごはん 7 この材料とこの手間で「うそやん」というほどおいしいレシピ (e-MOOK)