何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

スクール水着の歴史:ミント【2019/06/04】

時代ごとのスクール水着の移り変わりを紹介していました。

1978年「なつかしの”スク水”」

1983年「ピタッとタイプ」

2000年「露出控えめタイプ」

2002年「セパレートタイプ」

2004年「スク水の上に・・・ラッシュガード」

2012年「”おしゃカワ”タイプ」

そんな中、大人の女性からもスクール水着の需要があるようです。

www.ukiuki.jp

いったいなぜ、大人にも需要があるのでしょうか?

海やプールに行くのに、フィットネス用だと地味すぎる、ビキニだと派手すぎるという人の声に応えるデザインです。

露出控えめ、落ち着いた色など、スク水のいいところを活かす。

価格は一般的な女性用水着よりグッとお手ごろ。