何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ゴルフでティーを使ったパットの練習法:サンデーLIVE!!【2019/06/09】

男子プロゴルファーの今平周吾さん。

彼の2015年の平均パット数は61位でした。

それが2018年には、1位にまでアップ!。

そこには、独自の練習法がありました。

一見、普通に打っているように見えますが、

よく見てみるとボールとパターの間に白いモノがあります。

これは通常、ショットに使う「ティー」です。

パターでボールを打つ時、

パターが地面スレスレの高さだと、パターとボールの芯同士がズレて、

フェースの少し上に当たってしまうので、上手くボールが転がりません。

一方、ティーを置いて、パターが地面より少し高くなると、

パターとボールの芯同士が合うので、パッティングが安定するのです。

youtu.be