不在票を使ってクレジットカードが盗まれる!?という話:ひるおび!【2019/07/02】

Pocket
LINEで送る

クレジットカードを届ける簡易書留などは、受取人が不在の場合、不在票を入れられた後、郵便局に取りに行ったり、再配達を依頼したりします。

この不在票がポイント。

不在票を集合ポストから盗んで、住人になりすまして郵便局でカードを不正に受け取る事件が増えているそうです。

不在票を見てみると、受取人の名前が書いてありますが、住所は書いていません。

そのため、通常なら、不正にカードを受け取ることはできません。

しかし、カードの受け取りの際に必要になるものを見てみると、

印鑑(又はご署名)と書いてあるので、これは署名でクリアできてしまう。

次に問題になってくるのが、ご本人様・ご住所が確認できる証明資料(免許証、保険証、マイナンバーカード)等。

例えば、不在票が入っているポストから、部屋番号など、住所が割り出せる。

その住所をもって、犯罪者たちは、運転免許証などの身分証明書を偽造する。

この不在票と身分証があれば、日本郵便の担当者は、別人と疑うのは難しくなってくる。

そして、クレジットカードが犯罪者に渡ってしまう。

実際に、この手口で被害を受けた人の場合、気づいたときにはクレジットカードが盗まれていて150万円を使用されたということです。

集合ポストには鍵をかけたりするなどして、気をつけた方がよさそうです。

Pocket
LINEで送る

こども六法10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉: 哲学者から学ぶ生きるヒントDVD付 新版 昆虫 (小学館の図鑑 NEO)「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義 (星海社新書)FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣